スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ターミネーター4~salvation~を観ました

前回の「天使と悪魔」の教訓から今回は鷹の爪団の命令に従って「vit」で予約して行った

がっ!ガラ空きだったがっくり (当たり前かっ!)←ちょと違う

salvationは救済、救う人の意味・・なるほどジョン・コナーの父を助けるということか

・・・とたぶんいろんな意味も含まれている

こんな1日2回上映のガラ空き映画なのにエンドロールになっても誰も席を立たない・・

な~ぜ~~~Jack-O’-Lantern*RoundFace-F(黒背景付き) †SbWebs†

たぶん、少なすぎてみなさん「初めの一人待ち」だったようだ←日本人ぽい

という訳で成り行き上、特に感動巨編の映画というのでもないのに場内が明るくなるまで座っていた

で、エンドロールを見ながらなんとなーく思ったのが、日本人及び日系人らしき人が
アーティストとして結構参加しているんだなぁということ

最近の日本のアートはあまり国内で評価されていないようですが
意外と海外では高く評価されていて驚くことがある

っていうかそういう人たちが日本であまり評価されていないことに驚く

いわゆる「サブカルチャー」(おたく文化)なんてその最たるもの

ただ、おたくなガイジンが秋葉原に押し寄せてメイドカフェが儲かっているというレベルでは無い

日本のアートやアーティストがいかに海外での評価が高いか

またその一方で日本の芸術文化界の中では、国際的に評価されるような戦略が遅れているということを改めて知ったこの一冊↓

芸術起業論芸術起業論
(2006/06)
村上 隆

商品詳細を見る

なかなか目からウロコの面白い本です。

なんだか話がずいぶんずれましたが、ターミネーターを観ながらユニバーサル・スタジオに
行きたい衝動に駆られた私です。

ダダッ・ダン・ダ・ダン・・ダダッ・ダン・ダ・ダン・・・・・・

2009-07-30 : 音楽・ビデオ・映画 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

一緒ーーーー!
私たちも立川でT4を観たとき、エンドロール終わるまで誰も立たないから、
私たちの席がど真ん中だったもんで、出るに出れなくてさぁ。

二人で「なんで?なんで?」って感じ。

ジャッキー・チェンのように、最後にNGシーンが出るのかとか期待したけど、普通に終わったよね(^^;)
あれ、なんだったんだろうねー!?
2009-07-30 22:59 : ash URL : 編集
やっぱりーーーー!?
私も中ほどの席だったから出れなくて最後に何かあるんだと思って、出るか出るかと待っていたけどそのまんま終わってしまった・・・v-406
2009-07-31 12:21 : にこら URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

にこら

Author:にこら
大阪市内と京都を行ったり来たりの毎日。既婚のアラフォー♀
4年間のインド生活を経て、現在「ディスカバリー京都」キャンペーン中。
日々の暮らしの中にこっそり潜むチーズのかけら(piece of happy)
を見つけていけたら最高です。

プライベートメール for me !

情報交換などもこちらのメールでOK!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

blogram投票ボタン

リンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。