スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

太宰治の斜陽

ここ数年、ずぅーーーっと読みたいなぁって思いながら先送りにしていた本。

これは私が中学生の時に読んだ本ですが、いろんな意味でとても影響を受けた本です。

もう一度、読み返したくなって取り寄せました。

斜陽 (新潮文庫)斜陽 (新潮文庫)
(1950/11)
太宰 治

商品詳細を見る

やっぱりいいなぁ・・・
2009-07-16 : 読書 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

未知の太宰治
私も最近、読書に夢中。
でも、推理ものや軽いエッセイが多いんだ。
にこらさんのお勧めの太宰治、今度読んでみよう。(^^)
2009-07-17 10:53 : ash URL : 編集
戻ってきた・・・
なぜだか最近は昔読んだ文学系にいってしまう・・・
新しい本を探すのが面倒くさいんだねぇ
でも暑い夏に読むものじゃないかもーーーーv-441
2009-07-17 13:12 : にこら URL : 編集
斜陽って
私も昔読んだ記憶がある。主人公は女学生かなんだか、若い女性だった記憶があるけど・・・当たり?
図書館で借りてこよ~

中学生や高校生の頃って、超文学作品読みまくってたよね。
「高瀬川」なんか、すっごく鮮烈だったの覚えてる。

結局よく覚えているのは本当に自分に影響を与えてくれたものか、痛快だったりおかしかったりして面白いものだけです。
私が大好きだったのは「モンテクリスト伯」「レ・ミゼラブル」「永遠の都」。

「戦争と平和」なんか、何書いてたっけ???っていうくらい覚えてないよ(笑)


私も、最近昔読んだ本とか、当時読みきれなかった本とかを図書館で借りて読んでます。

しんどい時や時間のない時は「児童文学」になっているものを読んだりもします。
たいていは分かり易く、時間も短縮して読めますが、たまに「おいおい、あのエピソードどこ行ってん」とか「この表現は違うやろ~」と笑えたり腹立ったり?

星新一なんかも結構ハマってたなぁ

あ、文学作品とは全く関係ないけど、最近読んだマンガでめっちゃ笑えたのがあるのでひとつご紹介

佐々木倫子作の「チャンネルはそのまま」
この中で「言葉遊び」っぽい、しかも現代のワープロ時代だからこそおきる「事故?」があって、人前にもかかわらず、声出して笑いそうになったよ(^o^)

よかったらぜひe-68
2009-07-18 09:26 : かずりん URL : 編集
うん、
面白そう~読んでみるわ~v-411
2009-07-21 22:53 : にこら URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

にこら

Author:にこら
大阪市内と京都を行ったり来たりの毎日。既婚のアラフォー♀
4年間のインド生活を経て、現在「ディスカバリー京都」キャンペーン中。
日々の暮らしの中にこっそり潜むチーズのかけら(piece of happy)
を見つけていけたら最高です。

プライベートメール for me !

情報交換などもこちらのメールでOK!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

blogram投票ボタン

リンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。