スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

アーモンド入りチョコレートのワルツ♪

最近、引きこもりがちな私は本屋さんに行って新ジャンルを開拓しようとしている

こういう時は平積みされている本の中から気に入ったタイトルで選ぶようにしている

で、今回はまったのが森絵都さんの「アーモンド入りチョコレートのワルツ♪」

3つの物語の短編集

1.子供は眠る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ロベルト・シューマン「子供の情景」より
2.彼女のアリア・・・・・・・・・・・・・・・・・ J・S・バッハ「ゴルドベルグ変奏曲」より
3.アーモンド入りチョコレートのワルツ・・エリック・サティ「童話音楽の献立表」より

どれも作曲家のピアノのメロディーにのせて書かれた物語。

こういう小説を何と位置づけるのでしょうね

わたし的には「童話小説」(というジャンルがあれば)っていうかな・・

どれも多感な年頃の子供たちが主役なんだけど、ほどよく大人が読む童話って感じ

ほどよく夢見心地で、ほどよく現実的

読み終わったときにほっこりする感じです。

おススメ

スポンサーサイト
2009-09-30 : 読書 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


プロフィール

にこら

Author:にこら
大阪市内と京都を行ったり来たりの毎日。既婚のアラフォー♀
4年間のインド生活を経て、現在「ディスカバリー京都」キャンペーン中。
日々の暮らしの中にこっそり潜むチーズのかけら(piece of happy)
を見つけていけたら最高です。

プライベートメール for me !

情報交換などもこちらのメールでOK!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

blogram投票ボタン

リンク

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。